仮想通貨の特徴と将来性について

ネットビジネスを代表する1つといえば、仮想通貨なのではないでしょうか。2009年に運用が開始された仮想通貨は、2019年4月の時点で銘柄が1000種類を超えたビックビジネスとなりました。知名度が上がったことで、周囲にも認知度が高まり、仮想通貨という単語を耳にする機会が増えたといえるでしょう。しかし仮想通貨が何なのか、はっきりと説明できない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そもそも仮想通貨とは実体を持っていない通貨のことで、硬貨やお札など目に見えて触れられるものではありません。またそれぞれの国や銀行などが価値を保証しておらず、特定の金融機関も関わっていないのです。そのため、インターネット上で円と交換して使用する性質を持っています。似たような言葉で「電子マネー」がありますが、電子マネーは円をチャージして、インターネット上で使用できるようにしたものとなります。混合しないように注意しましょう。
仮想通貨の最大のメリットは「法廷通貨」と呼ばれる、国が価値を保証している通常の通貨と交換できる点にあります。商売の取引や日常の取引などで支払うことを拒否できず、送金や融資などもできるようになっています。また実店舗を持たず、ATMや支店などの設備が不要なため、取引手数料を安く抑えられるのです。送金する場合の手数料も安く済むので、海外へ送金される方は仮想通貨を検討しても良いでしょう。さらに送金のスピードも速く、法人・個人問わず速度が変わりません。銀行や郵便局など時間帯によっては翌日振り込み扱いになってしまいますが、仮想通貨は最速で数十分もあれば送金することができます。
通常の通貨と交換できる仮想通貨ですが、少額から投資できる点も初心者にはありがたい特徴といえるでしょう。株と同じように、仮想通貨も需要と供給で市場価格が変動しています。そのため、多数の取引所で投資対象となっているのです。大抵の銘柄は数百円から、投資することが可能となっています。また株式証券取引所と違い、365日24時間取り引きすることが可能です。仕事が忙しかったり、平日に時間が取れなかったりする場合でも休日や夜に取り引きをすることができます。
そんな便利な仮想通貨ですが、オンライン上でハッキングされてしまったり、価値が急落してしまったりするリスクもあります。しかし2016年に仮想通貨の法整備が進み、仮想通貨のセキュリティも増しています。これからも進化し続ける仮想通貨には益々目が離せません。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です